メンズサロンや医療系クリニックでの電気脱毛の人気が落ちてきた理由とは

サロンや医療系クリニックで、脱毛を行うメンズが増えています。脱毛の中でも特に人気があるのは、ヒゲの脱毛です。ヒゲを脱毛してしまえば、毎朝のヒゲ剃りの手間が無くなりますし、夕方頃にまた生えてくることもありません。

脱毛にはいろいろな方法がありますが、人気が高いのはレーザー脱毛で、逆に電気脱毛は避けられつつあるようです。では電気脱毛は、なぜ人気が無くなってきたのでしょうか。

メンズ脱毛を受けるならどこがいいか解説

電気脱毛とは

電気脱毛とは別名ニードル脱毛ともいい、電気の針を使用して行う脱毛のことです。電気脱毛はメンズサロンや医療系クリニックで受けられますが、両者では電気の出力が違い、医療系クリニックの方が強い電気で脱毛を行えます。

電気脱毛は毛穴に針を挿入し、電気を通して脱毛します。かつては脱毛といえば電気脱毛でしたが、現在ではレーザー脱毛や光脱毛の方が人気です。なぜ電気脱毛の人気が落ちてきたのか、その原因を探る前に、電気脱毛のメリットとデメリットを見ていきましょう。

電気脱毛のメリット

電気脱毛のメリットは、永久脱毛であるという点です。一度電気脱毛を受けた部分は、基本的に二度とムダ毛が生えてきません。そのため、生えるたびにサロンや医療系クリニックに通う必要が無いので、トータル的に受ける回数が少なくて済みます。

また、レーザー脱毛や光脱毛では難しい部位を、しっかりと脱毛できるのもメリットとなっています。色の薄い毛や、細い毛でも大丈夫です。本気で脱毛したいなら、電気脱毛はおすすめの脱毛方法だと言えるでしょう。

電気脱毛のデメリット

電気脱毛はメリットのある脱毛方法ですが、同時にデメリットもあるので注意が必要です。まず、電気脱毛はとても痛いと言われています。そのため、最後まで脱毛できないで、途中で止めてしまう人たちも存在します。特に痛いのは、皮膚の薄い部分や神経に近部分です。

具体的にはVラインや、鼻の下が痛いとされています。毛が密集している部分も、何度も痛みがくるので辛くなる場所です。痛みが苦手な人は多いので、これはとても大きなデメリットになってしまいます。また、電気脱毛は毛穴の一本一本に針を挿入して行うので、大変時間のかかる脱毛方法です。

1回の施術で脱毛可能な本数は限られるため、完全に脱毛するまでは何度もサロンやクリニックに通う必要があります。施術料金が他の脱毛方法と比較して高いのも、電気脱毛のデメリットです。高いお金をかけて電気脱毛を受けても、痛みに耐えられなくて止めてしまっては元も子もありません。

つまり電気脱毛とはとても効果的ですが、忍耐が必要でお金のかかる脱毛方法だと言えるでしょう。ただし、あまり痛く感じない人がいるのも事実です。どれくらい痛いかは個人差が多きいので、実際に試してから判断するのも良いでしょう。

電気脱毛の人気が無くなってきた理由

脱毛方法にはいろいろありますが、脱毛効果の高いのは電気脱毛です。また、電気脱毛は初期からある脱毛方法なので、以前は電気脱毛を受ける人が多く見られました。ところが電気脱毛は先ほど見たように、痛くてお金がかかります。

そのため、比較的痛くないレーザー脱毛や光脱毛に、人気の点で負けるようになってしまったのです。現在では電気脱毛を行っているサロンや医療系クリニックは、以前と比較すると減少傾向にあります。メンズ脱毛を受けるなら、他の脱毛方法に関する情報も集め、自分に一番合ったやり方を選ぶようにしましょう。

電気脱毛以外の脱毛方法

脱毛には、サロンやクリニックでなければできない方法と、自宅でもできる方法があります。電気脱毛や光脱毛、レーザー脱毛などはサロンやクリニックでしか受けられません。ブラジリアンワックスを使う脱毛は、サロンでも自宅でも行えます。

ブラジリアンワックスでの脱毛とは、脱毛したい部分にワックスを塗って粘着テープを貼り、一気にはがして脱毛する方法です。サロンやクリニックに通うよりも安い金額で脱毛できるのはメリットですが、痛みが伴うのと肌に対するダメージが大きいのがデメリットとなっています。

レーザー脱毛は、レーザー光線を使用する脱毛方法です。脱毛する部分に、黒い色に反応するレーザーを当てて脱毛します。電気脱毛と比較すると痛みは少ないのですが、色素の濃さや毛の太さに影響されるのが難点です。特に肌が焼けている人には、効果が落ちると言われています。

光脱毛は、レーザー脱毛よりもさらに痛みの少ない脱毛方法です。あまり痛くないのは良いのですが、永久脱毛ではないので注意が必要です。電気脱毛やレーザー脱毛、光脱毛やブラジリアンワックスを利用した脱毛以外にも、ムダ毛を処理する方法は存在します。

家庭で行える脱毛としては、家庭用脱毛器を使用するという方法が挙げられます。家庭用脱毛器とは、ムダ毛をまとめて引き千切る機械です。一気にムダ毛を処理できますが、肌の炎症や痛みが伴います。除毛クリームは塗って放置するだけで脱毛できますが、完全な脱毛ではないので定期的に繰り返さなければなりません。

応急的な脱毛には便利ですが、クリームに対する炎症やアレルギーなどには気をつけましょう。

医療系クリニックとメンズサロンとの違い

医療系クリニックとメンズサロンには、それぞれ違いが存在します。まず、医療に関するものは医療系クリニックでしか受けられません。医療系クリニックなら強い電気脱毛やレーザー脱毛が可能ですし、麻酔を行ったり、痛み止めを処方したりして貰えます。

何より医療系クリニックは医師が担当するので、安心感が違います。その反面、医療系クリニックはお金がかかります。通院回数はサロンよりも少ないものですが、料金の総額はとても大きくなります。お金をかけて安心して脱毛したいなら、医療系クリニックはおすすめです。

メンズサロンでの脱毛は、医療系クリニックよりも低料金で痛くないのがメリットです。なぜ医療系クリニックよりも痛くないかというと、電気や光の出力が弱いからです。そのため、痛くない代わりに、回数が多くかかります。

完了するまでの期間も長くかかり、2年以上通わなければならない場合もあります。また、施術後のアフターケアが、医療系クリニックと比較すると弱いのも難点です。その反面メンズサロンでは各種の割引サービスを行っていることが多いので、初めて脱毛にチャレンジするにはおすすめとなります。

自分の予算とかけられる時間を考慮し、医療系クリニックかメンズサロンのどちらかを選ぶと良いでしょう。